異職業に転職するのは困難だというイメージがありますがどうでしょうか?

違う業種に職業を転じるのは骨が折れるイメージが強いですが、本当のところはどうなのでしょうか?結論としていうと異なる業種への派遣は大変です。
経験者と未経験者の2人を選別する場合、採用担当者は経験者を採用する可能性が高いです。
ただ、どう考えても無理だというわけではないので、尽力によっては派遣ができることもあると思われます。
派遣で働くなら、不動産業界にしようと考えているのなら、とりあえずは、宅建主任者資格が必要になります。
宅建主任者資格なしでは、会社によって採用を見合わせる場合もないとはいえません。
その仕事内容によって必要とされる資格も変わりますので、業種にあわせた資格を派遣前に取得されるのもいいアイデアかもしれません。
面接時の見た目に関してはくれぐれもきを配りましょう清潔感を感じられる服装で面接に挑戦するのが大事なことです緊張しないわけはないと思われますがしっかりパターンを予測しておき本番への準備をするようにしてください面接の際に質問されることは決定しているようなものですからあらかじめ回答を用意してくことが大事です派遣で働く際に求められる資格というのは、専門職以外はそこまで多くないようですが、持っている資格が有利に働くという点では、やはり、国家資格が強いといえます。
それと、建築、土木関係の場合、建築士のように「業務独占資格」と称される、該当の資格を取得していないと実際に働くことができないという仕事がたくさんあるため、狙い目と言えるかもしれません。
良い派遣の理由としては、まず、転職を思い立った実際の理由を検討してください。
そのまま相手に言うわけでもないので、正直に自分の考えをノートに書いてみます。
そして、与える印象が否定的なものとならないようにそれを方法を変えて表現してください。
長々しい派遣理由だと言い訳だと誤解されかねないので、気をつけて長くしないようにしましょう。